09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

魔法と不思議空間と… 


2005.12.22
Thu
22:44

トラックバックがあることに対する必要性が、全く見出せず、更には変なサイトのトラックバックを消すのがだるくなってきたので、トラックバック一切を受け付けないようにしました
ぶっちゃけ、誰か必要性を教えてくださいな感じです

さて、本日ようやくテイルズオブアビスを始めました
何か、今更のようなきもしますが、忙しくてできなかったのです
んまぁ、そのうちレビューらしきものをすることもあると思うので、そのときにでもまたっ!

この後は、オチも無ければ面白くもないかもしれない未熟で不完全な思考空間の一部です

許容できそうな方のみお進みください

今日のバイト中、ずっと考えていたのですが、魔法というものがあります

この場合の魔法というものは、某RPGのように火を出したり、テレポートするようなものではなく、どこかの小説家も言っていたように、魔法というのはある行動を起こしたとして、それが基点となる。若しくは方向性を変更、修正させて、対象に対して何らかの事象を意図的に行うもの
っていう考え方があります

んまぁ、ぶっちゃけた話し、手を上げろ!と言ったのに対して、誰かが手を上げればそれで魔法というものが成り立ちます
んまぁ、この場合は言霊といったほうが正しいかもしれないですけどねw

それで、結局何の話しをしようとしているかというと、魔法というものには体制や適応力などの相性があるといいます

私がアルバイト中に考えていたことというのは、その中での抵抗力に関してです

さて、魔法を上に述べた通りのものとすると、魔法への抵抗力とは、何かしらの事象に対して加えられる、変更や修正に対して。もしくは、新たに生み出される何かしらの事象に対して、文字通り、抵抗力を持つ事になるのではないでしょうか

とすると、極論でいうなれば社会や現代情勢への抵抗であったり、常識への変更だったりするのです

つまりは、この場合の魔法への抵抗力というのは、仕事もせず学校へもいかず、何とかしなくてはと思いつつも、一切の行動を起こす事な無い存在

もう見えてきましたね

かっこよく言うとNEETと呼ばれる存在です

この場合、魔法に大切なのは一切の行動を起こす事の無いという事実です
すでにこの地点で、周りの言葉に何かしら触発される事はあっても、一切行動を起こす事が無い
つまりは、その無気力こそが抵抗力なのでは無いのでしょうか

しかしまぁ、NEETの抵抗力がすごくても、それは社会や家庭から外部への力に対してのみ発揮される抵抗力で、たとえていうなれば、殆ど全ての属性に対しては強いが、弱い攻撃は素通りしてしまう…

まるで、網のような抵抗力ですね

さて、ここまで書いて気づいたのですが、私は一体何を考えていたのでしょうか?
自分でもわかりません
とりあえず、そんな話しです

続くかもしれないし、これっきりかもしれません
スポンサーサイト

category: 日記

trackback -- | | comment(0) | 記事編集

go page top

« すぴーどぐらふぁー  | h o m e |  クリスマスまで後少しですね(゚∀゚) »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。