05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

うたわれるもの 


2006.04.23
Sun
23:45

さて、昨日うたわれるものをネタに取り上げたのだが、実は私の周りにうたわれるものをプレイしている人が、予想以上沢山いたので、あまりにも不明快に思えるエンディングに対してのみ、軽く考察してみようかと思う。


エンディングの考察に入る前に、軽く諸事情を整理してみよう

結論から言うと、ハクオロは大神の別れた一方、「空蝉」と現代の名称不明な「考古学者」から成り立っており、空蝉としての大神の因子を持っているものの、基本として身体と人格は考古学者のモノのようだ

ちなみに、ハクオロとなるまでを軽く辿ってみると、
現代にて考古学者が男に撃たれる。その時大神の仮面に血が付着した事により、大神は目覚める
辛うじて男を撃退した考古学者だが、彼も又瀕死であり、その時目覚めた大神が汝ガ身体ヲ代償として望みを適えようと持ちかける

考古学者はその苦痛により、もう眠らせてと望む
大神はその望みを適えると、考古学者はアイスマンと化しその身体は大神のものとなった

うたわれるものをクリアした人にとっては、もう気づいているとは思うのだが、うたわれるものは未来の話しである

ここからは、考古学者(アイスマン)が解凍されてからの話なのだが、大いなる父(人)は免疫を失い、無菌室でのみ生存を許された貧弱な生物となっている
そんな中、大いなる父はマルタと呼ばれる亜人間を作り上げ、このマルタこそ、うたわれるもの本編に出てくるキャラクターの先祖にあたるものと言って問題が無いと思われ、更にマスターキーのエピソードによってアイスマンとミコトの間に生まれた子供がエルルゥとアルルゥの先祖になっているのは疑う必要の無い事実だろう

さて、現代で結ばれた考古学者とミコトだが、最終的に不幸な最後を遂げる
これにより、人として生きていく心の支えであったミコトを失い、アイスマンの中の大神が暴走する
結果として、徐々にではあるが、暴走する大神とそれを止める大神の二つに分かれ始める
このとき、暴走を止める意思であったものが空蝉となり、本来大神の中に含まれない要素であった考古学者の身体は、暴走という大神の最も根強い感情から切断され、同じく分かたれた空蝉と融合されたのではないかと思う

そして、封印から目覚めた時にもう一方の大神と争った事による傷が原因で、それら一切の記憶を失い、未来のハクオロとなったのだろう

ここまで書いていてなんなんだけれども、上記はあんまり必要なかったかもとか思えてきたんだけれど、それはそれ

ようやくゲームの最後の話しを

ラストで大封印が完成したとき、ハクオロの仮面が外れる
ハクオロの仮面とは「大神の仮面」の事であり、それが外れるという事は、ハクオロが考古学者へと戻った事に他ならないだろう

ちなみに、空蝉と分身は互いに相手を滅する事を望んでいたわけなので、共に封印される事により弐が壱に戻った事で、大神は消滅したのではないかと思われる

さて、微妙に前後しながら考察を進めるが、最後に大神を封じる大封印が完成する瞬間、エルルゥは大封印に飛び込むという行動を取った

それによって、元の大神に戻ろうとしていた大神にとって、それらに分かつ原因となったアイスマンが人として生きる支えを失い暴走したという状況に遡りながらも、酷似した状況が作り出される

ここからは完全に推測ではあるが、それによってほぼ一つとなった大神とアイスマンに対し、傀儡ではあるが、アイスマンの人として生きる支えであったミコトの生まれ変わりであり、そしてハクオロの支えであったエルルゥという、暴走の要因を埋めるパーツが一つ分余計にそろう事となった

結果として、それらの要素が大封印に対し何らかの影響を与えた事は明白であり、大神が封印され一つとなり消滅する事によって、大神側からの契約は破棄さた

この地点でさまざまな矛盾やらが内包される事により、各所でつじつまあわせが行われ、その過程でハクオロは考古学者として目を覚まし、エンディングのエルルゥが振り向く所へと繋がる…

現代から未来へと渡る二人の関係は、ここでようやくハッピーエンドを向かえることができたのだと、私は信じようと思う













しかしまぁ、免疫の無い現代の人間が、未来で目を覚まして一体どれだけ生きられるというのかはソレこそ神のみぞが知る…といったところだろうか?

そのあたりも、つじつまがあわさっていればいいと思うのですけれどもね





しかしまぁ、今読み返してみたわけですが、意味不明&文章構成が狂ってます
書いている途中で色々と考えが変化してきたので、色々とおかしい部分もでてきてしまっているのですが、そこはそれ

そのうちまたしっかりとした考察として、作り直したいとおもいます(’’
スポンサーサイト

category: くずかごのーと

trackback(0) | comment(4) | 記事編集

go page top

« OPED共に畑亜貴サンが作詞だったのですね  | h o m e |  涼宮ハルヒの憂鬱「恋のミクル伝説」 »

コメント


後日談の二次創作としては「あいされるもの。」が一番秀逸だと思うんだ、うん。
読んでみるといいかもよ!
【2006/04/24 17:19】
URL | 晶 #uh3KUz4E *編集*

よし、それじゃぁあきちんにぜひともみせてもらおう!

んまぁ、それはいいとして、後日談が物凄く気になるゲームだからこそ余計に、幸せなエンドであってほしいのぅ
【2006/04/24 21:43】
URL | ゆずは #- *編集*

それじゃあ、「あいされるもの。」が載ってるページのアドレス張っておきますね。
リンクフリーらしいから、たぶん問題に…ならないといいなぁ(汗
http://www.interq.or.jp/earth/youhei/index.htm
【2006/04/25 13:48】
URL | ハデス #JalddpaA *編集*

超ありがとうございます(’’
【2006/04/26 17:41】
URL | ゆずは #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuzuha02.blog38.fc2.com/tb.php/194-e0be8dc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。